2006年05月06日

ふり袖大吟醸

ふり袖大吟醸京都伏見の清酒、ふり袖の大吟醸です。

全国新酒鑑評酒とラベルには記されています。
同封されていた能書きには、

日本の名工「越前杜氏浜本久雄」が京都伏見の名水と極上酒米を磨きに磨き上げ、ただひたすら美味しい酒を求めて昼夜に亘って醸した酒で、低温貯蔵し熟成させた大吟醸です。
数々の賞を受けたふり袖醸造元が究極の味を求めておられる愛酒家に贈る傑作酒です。


とあります。

そこまで言われれば飲まないわけにはいかないでしょう(笑)

山田錦の40%精米、日本酒度は+3、酸度1.5とのことです。

飲んでみましたが、いやぁ、ただただ美味しいです。
旨みたっぷりなのにキレが良い。


向島酒造の創業は明暦年間に遡ります。
酒造りの技を今に伝えて350年、昨年も全国鑑評会において金賞を受賞、二年連続なのだそうです。

「ふり袖」の由来は、徳川初期の頃より、京・大阪・奈良への街道を往来する人々に、蔵の娘がふり袖姿でできたての新酒を振舞っていたこととされているんだそうです。
その商品の多くにふり袖姿の娘をイメージした「美人画」が描かれています。

このお酒は、妻の友人のかたからおみやげにいただきました。
とても美味しいお酒をありがとう。
ごちそうさまでした。



ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/50571172
この記事へのコメント
はじめまして!

shinと言います、ひょっこり訪問させて頂きました。
自分もお酒が大好きでして、このBlogはツボにはまりました(w

うまみたっぷりでキレが良い。って、いいですねぇ・・・。
近頃は洋酒ばかりなので、美味い日本酒が飲みたくなります。
ちなみに千代の園、わたしも大好きな蔵のひとつです。

今後も楽しみに拝読をさせて頂きますので、
更新、頑張ってください!
Posted by shin-whisky at 2006年05月07日 17:04
shinさん、はじめまして。
気に入っていただけで嬉しいです。

しばらくの間更新頻度が落ちていましたが、これからは割りと間を空けずに書けると思います。
ご愛読よろしくお願いします。
Posted by YUJI at 2006年05月08日 11:53