2006年05月04日

醴泉 純米大吟醸

醴泉 純米大吟醸「れいせん」と読みます。

「醴泉」を醸す玉泉堂酒造は岐阜県養老町にあります。
文化3年(1806)創業の歴史ある蔵です。

奈良時代に元正天皇が養老の地を訪れ、滝の水が甘く健康に良いという中国の泉の名前を、この地の泉に名付けていったのが「醴泉」なんだそうです。

昭和20年代までは、高級清酒の銘柄として「醴泉」を使っていたそうですが、昭和61年(1986)に初めて全国新酒鑑評会で金賞を受賞したことを機に、再び「醴泉」の銘柄を使うようになったそうなんです。

地元の銘柄である「玉菊」は、人気が高くほとんどが県内出荷。
そして県外向けのお酒がこの醴泉なんだそうです。

酒米には兵庫特A地区東条町の「山田錦」、仕込み水は養老山脈からの伏流水で日本名水百選にも選ばれる「菊水泉」軟水を使用。

味わいは、「柔らかくて濃い」という表現がぴったりきます。
上品な香りと深い味わい。
美味いです。

この美味しさで一升5000円ちょっとという値段はお得ですね。
良い酒がほどほどの価格で飲める。
うれしいことです。

精米歩合 40% 日本酒度 +3 酸度 1.5

このお酒を購入する(楽天・探し求めた究極の美酒つちたつ酒店)



ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/50568136