2006年05月02日

DALLAS DHU CASK STRENGTH AGED 21 YEARS (UD)

ダラスデューCHOT BARでダラスデューが二本揃ったので、飲み比べてみることに。

右のUDレアモルトシリーズのものは、カスクストレングスの61.9度。
1975年蒸留の21年もの。
ダラスデューの中でも比較的出回っているものです。

左のSIGNATORY社レアカスク・セレクションのものは、おそらく加水タイプの46度。
1978年蒸留の23年ものです。
以前このブログでも取り上げました。
当時の記事はこちら
先日、一緒にジェイズバーに行った彼が、気に入って仕入れてくれたものです。

左のダラスデュー、当時の私の感想。

-------------------------------------------------
麦由来の甘味があり、コクもあって美味しい。
舌触りもなめらか。
グレンタレットをもう少し濃くしたような、そんな味。
-------------------------------------------------

さて、右のダラスデューですが、もう何度も飲んでいるんですけど、改めて比較してみますと、どちらも滑らかでスッキリしている傾向はありますが、UDのカスクのほうが若干甘みが強くコクがあります。
ほんの少しスパイシーな感じもありますが、嫌味ではありません。
しかも、61.9度とは思えないほどスムースに飲めます。

空いたグラスをしばらく放置して香りを嗅いでみると、バニラ香を含んだやわらかい甘い香りがしました。

たまたま隣にいた友人にも薦めてみましたが、二本とも好評でした。


ダラスデューは、1983年に蒸留所が閉鎖されており、ストックが無くなってしまったらもう飲むことができません。
あとどれくらい飲むことが出来るんでしょうか。


美味しいモルトを楽しんで会話もはずんだ月曜の深夜。


PHOTO : 府中市・CHOT BAR

ゴードン&マクファイルのダラスデューなら買えるようです。




ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/50564288