2006年05月01日

グレンロセス GLENROTHES

グレンロセスグレンロセス蒸留所の創業は1879年。
地域としてはスペイサイドに属します。

グレンロセスは、ヴィンテージを記した商品のみ扱うユニークなシングルモルトです。
最近では1992年蒸留のものが一般に流通しているようです。
先日、ジェイズバーで1987年蒸留のものと一緒に飲ませていただきました。

私はきき酒には自信はありませんが、この二本を比べて飲むと違いがよくわかります。
1987年蒸留のほうが甘めでドライフルーツのような雰囲気があります。
1992年蒸留は前者に比べてドライな印象。

基本的に両者ともに麦を軸とする甘さが特徴なのでしょう。
しかも軽くて飲み口もスムース。
この風味は私のストライクゾーンなのです。

グレンロセスは樽熟成には大変なこだわりがあるようで、基本はシェリー樽熟成。
出来の良い年のウィスキーの樽から品質の良いモルトだけヴィンテージモルトとして選定され、蒸留所の製造能力の2%だけがオフィシャルのヴィンテージモルトとしてボトリングされ、残りはすべてブレンド用原酒として使用されるんだそうです。

オフィシャルのモルトがそんなに少ないものだったとは知りませんでした。


PHOTO : 池袋・ジェイズバー


楽天・河内屋さんではいろんな種類のグレンロセスを置いています。




そういえば、グレンロセスの爪切りがありました。

こちらこちらで紹介されています。
欲しかったな。

書き忘れてましたが、グレンロセスは、あのカティーサークのキーモルトでもあります。

ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/50562664
この記事へのコメント
爪切り、残念でした。
まだ、残ってますよ(笑)。
Posted by モルト侍 at 2006年05月02日 13:54
あ、まだあるんですか(笑)
Posted by YUJI at 2006年05月02日 13:59
TrackBackが何故かブロックされてしまいました。 (涙

先日、1992と1987を同時にいただきました。
おいしいお酒ですねー。
Posted by zagan at 2007年10月08日 09:05