2005年11月24日

ボージョレ・ヌーボー

ボージョレ・ヌーボー毎年、個人的には必要の無い大騒ぎだと思っているボージョレ・ヌーボー。

これだけ騒ぎになっているのでご存知無い方はいないと思います。

では、ボージョレ・ヌーボーとは何を指すのかと言いますと、フランス・ブルゴーニュ地方のボージョレ地区の新酒ワインのことで、その年の秋に収穫したブドウで造る早飲み型のワインを言います。

通常、フランスを代表とする長期熟成タイプの赤ワインは、ぶどうを木樽で熟成させますが、ボージョレ・ヌーボーは、ステンレスタンクで熟成させるという違いがあります。
こうすることでタンニンが控えめになり、果実味が生きたフレッシュなワインが出来ます。

毎年11月の第3木曜日が解禁日なのですが、日本は時差の関係で世界で一番早く解禁日を迎えるため、本場フランスよりも早く飲めるということで、お祭り好きな日本人にぴったりなのでしょう。
日本はボージョレー・ヌーボーの輸入量が世界第一位なのです。

それが証拠に輸入量は、過去最高だった昨年より2割増しの85万ケース(12本入りが1ケース)だそうで。
いやはや、すごい量ですね。

ちなみに、Beaujolais をどう読むのかで混乱しているようですが(私だけ?)、現地での発音は「ボジョレ」に近いのだそうで、新聞やテレビでは「ボージョレ」という表記が多いですね。
まあ、ボージョレでもボジョレーでもどっちでもいいでしょうけど。
ちなみに、楽天で商品検索をしてみたところ、「ボージョレ・ヌーボー」だと67件、「ボジョレー・ヌーボー」だと322件でした。

私は、今年はちょっと遅めの21日月曜日に飲みました。
なかなか美味しかったですよ。
赤ワインのタンニンがちょっと苦手な私にとって、何か飲まずにスルーするのが悔しいので、しっかり毎年飲んでます。
そういう自分もお祭り好きの日本人なのかもしれません。


PHOTO : 府中市・レストラン コントワール


ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/50262343
この記事へのコメント
¥1,000で飲めるようにしろよ。
っていうのが僕の毎年思うことです。
Posted by モルト侍 at 2005年11月25日 19:11
賛成。
Posted by YUJI at 2005年11月26日 02:57
 こんばんわ。ランキングからきました。とても見やすくていいブログですね!ボジョレーヌーボーはすごい人気ですね。自分はまだ飲んでいません。去年は飲みましたが・・・突然ですが相互リンクしませんか?
Posted by バーマン at 2005年11月27日 17:19
バーマンさん、はじめまして。
相互リンク歓迎です。
こんなサイトでよろしければリンクしてください。
よろしくお願いします。
Posted by YUJI at 2005年11月28日 20:04
お返事ありがとうございます!突然お邪魔してリンクのお願いまで恐れ入ります。それではさっそく貼らしていただきますのでお暇なときにでも確認してください。
Posted by バーマン at 2005年11月30日 23:38
字面を追えば「ボージョレ」でしょうね、たぶん(二外は仏語だった>わし)。私は先日、後輩のレストランウェディングでいただきました。
で、同じ新酒でも、日本酒。「大信州仕込1号糟場詰め」を見つけたのでさっそく飲ってみました。フルーティかつ濃厚な味わいでした。体調を整えて飲まないと負けてしまいそうでした。
Posted by あさきち at 2005年12月01日 19:05
バーマンさん、リンク完了しました。
今後ともよろしくお願いします。

あさきちさん、こんにちは。
大信州の新酒ですか、いいですねぇ。
大信州は、何を飲んでも美味しくて飲みすぎてしまうので注意してます(笑)
Posted by YUJI at 2005年12月02日 16:28