2005年07月29日

ジン・バック GIN BUCK

ジン・バック夏になると、ウイスキーを飲む機会が減り、ビールや炭酸系のカクテルを飲むことが多くなります。
これは私の場合ですが。

最近、個人的にはスーズ・トニックをよく飲んでいますが、5年くらい前まではジン・バックラム・バックをよく飲んでいました。

「バック」と名の付くカクテルは、スピリッツにジンジャー・エールとレモンジュースを加えて作ります。
ジン・バックでは、この組み合わせがジン特有のクセを穏やかにし、とてもすっきりした味わいになります。

このカクテルは、ロンドンの名門バーである「バックスクラブ」が発祥なのだそうです。
ジン・バックは、別名「ロンドン・バック(London Buck)」と呼ばれます。
マミーズ・シスター(Mamie's Sister)と呼ぶこともあるそうですね。

「バック(Buck)」そのものの意味は、もちろん後ろに下がるバック(Back)のことではなく、雄鹿(Stag)のことであると聞いたことがあります。
バックスキン(鹿皮)という言葉は知っている人が多いかもしれません。
そう、あのバックスキンの「バック」です。
ということは、「バックスクラブ」とは、鹿狩りのクラブから命名されたバーの名前だったのでしょうか。
(勝手な想像です)


ベースをジンからウオツカに変えればウオツカ・バック、ラムに変えればラム・バック。
ブランデー、バーボンなどのバリエーションもあります。

なぜか、この「バック」のカクテルは、カクテルブックにはあまり載っていません。
こんなにポピュラーなカクテルなのに。

暑い夜が続きます。
そんな夜にはピッタリなカクテルだと思います。


PHOTO : 府中市・CHOT BAR


ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/29226198
この記事へのトラックバック
                    夏の季節におすすめ。  エメラルドグリーンの海のイメージ。 コーラルグラスにブルーキュラソーと塩でコーラルスタイルをつくる。 塩との相性がよいジン・グレープフルーツの組み合わせがベースとなっていて、飲む時に、直
シティコーラル〜City Coral〜【バーテンダーのひとりごと 〜Bar dram〜】at 2005年08月02日 10:54
この記事へのコメント
子供の頃父にくっついて
マスター一人でやっている
バーによく行ったのですが、
(私はレモンを浮かべたコーラ)
父が必ずジンフィズを飲んでいたのを
思い出しました(^_^)
もう、マスターも引退し
父も歳で行かなくなりましたので
寂しい限りです。
Posted by tomie at 2005年08月01日 11:37
素敵なお話ですね。
ジンフィズを飲まれる年配の方って、格好いいなと思います。
飲んでいる姿が絵になりそうですね。
Posted by YUJI at 2005年08月01日 13:16