2005年07月22日

電解数秒で年代ワイン誕生?

「数秒間電気を通しただけで“20年もの”のワインができる装置を開発した。」という話を聞いたら、あなたは信じるでしょうか?

そんなニュースが入ってきました。ソースはこちら

ワインを電解することで、アルコール分子の周りに水分子が配置され水和性が向上。本来なら長期間の保管で水とアルコールが混ざり合ってできるまろやかな味と香りが瞬時に得られる、のだそうです。

イタリアの食品会社に送ったところ、その効果に驚いたそうですが、ワインの伝統を重んじる国柄から製法を変えることに抵抗があり、導入には至らなかったそうです。
まあ、その気持ちはよくわかります。

でも、カリフォルニアのワイン工場では導入されたそうです。
そして、いい効果をあげているのだとか。

酒は日々進化します。
20年寝かせたワインと同じ味が、一瞬で出来てしまう。
手軽に美味しいワインを飲めるということからは、歓迎すべき技術なのかもしれませんが、本当に20年手間暇をかけて寝かせたワインの価値が下がってしまうようなことをちょっと心配してしまいます。

例えば、ウイスキーの世界でそんなことが出来るようになったらどうでしょう。
12年物のシングルモルトが、一瞬で出来てしまう。
便利なのかもしれませんが、ちょっと考えてしまいます。

この技術が一般化した場合、ワイン業界がどうなっていくのか興味がありますね。


ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/28669653
この記事へのコメント
うーん、お酒っていわゆる「嗜好品」じゃないですか。

そこに求めるものって人それぞれですが、特に長時間かけてで熟成させたり、歴史があるものに関しては、味だけでなく、その後ろにあるストーリーだったり、ロマンだったり、思い入れだったり、いろんなものを抱えて、トータルで味わうのが楽しい、という側面があると思います。

そう考えると「嗜好品」は、やはり「効率化」「品質」を追い求めすぎないでほしいと思ってしまいます。

もちろん「味が良ければよい」、という人だっていますし、普段そうじゃない人も、時と場合によってはそういう場面だってあるはずので、やはり市場には両方あると良いですね♪(ただの贅沢な意見でしょうか・・・)
Posted by ぶんこ at 2005年07月22日 20:07
やっぱり、「ありがたみ」って言う 
付加価値が無くなるのは
楽しくお酒を飲む
為には困った事だと
思うのですが・・・。

Posted by tomie at 2005年07月23日 00:47
まさにお二人のおっしゃるとおりだと思いますよ。

手軽に美味しいものを手に入れたい場合は、そういう技術で造られたものを飲めばいいし、有り難味を感じながら美味しく飲みたい場合は、伝統的な造り方のものを飲めばいい。
そんな感じになっていくのでしょうか。

ただ、技術じゃクリアできない味の酒もきっとあると思いますし。
Posted by YUJI at 2005年07月23日 03:31