2005年07月19日

森伊蔵

森伊蔵・黒じょか森伊蔵が抽選で当選してから、いろいろな飲み方を試してみました。

最初は、オン・ザ・ロック。
黒麹の芋焼酎に比べて当たりはやわらかいですが、氷がちょっと融けてきたくらいが一番味のバランスがよくなるように感じます。
やわらかい甘味が心地いいです。

次に、5対5のお湯割りで試しました。
いやあ、いいですねー。
お酒は、温度が上がると香りが強くなります。
芋の甘くていい香りがはっきり出ます。

飲んでみると、やさしい甘さが際立って美味しいですね。

最後に、3日ほど経過した5対5の前割り。
「前割り」とは、焼酎をあらかじめ水で割って瓶で寝かせるもの。
これをすることにより、焼酎と水がなじんでまろやかになるんだそうです。

この「前割り」した焼酎を、黒じょかという陶器に入れ、炭火で温めます。
私の家では炭火はありませんので、ガスコンロで弱火で温めました。

飲んでみたところ、口当たりがさらになめらかになって美味しいです。


さて、他の銘柄に比較してどうだったか、と言いますと、正直言ってすば抜けて美味しいわけではありません。
さつま寿八幡などの、同じ白麹の焼酎と勝るとも劣らない、と申し上げておきましょう。
(まあ、これらの銘柄も入手困難には変わりはないですが)


森伊蔵は、蔵の歴史は長いのですが、焼酎の味が変わったのは昭和63年のことです。
今の五代目当主・森覚志さんが今の味を創り上げました。
それまでは、味はひどかったらしく、全く売れなかったそうです。

それを、原料の芋を契約農家が作る良質のコガネセンガンに変え、水は新たにボーリングをして伏流水を探し、人気の黒麹よりも自分が好きな味の白麹を使い、仕込みには100年以上前の甕を使う。

100年以上住み続ける家付き酵母がいる木造蔵。
これが焼酎の味を造ることにつながるとして、新たな工場は作らない。

こだわりと執念が創り上げた逸品。
それが、「森伊蔵」なのです。

定価は、一升瓶(1.8リットル)で2500円。
同クラスの焼酎ですと2100円という銘柄が多い中、少し高めです。
でも、ここのところの焼酎ブームのおかげで、オークションなどで4万円で取引されているようで、異常としか言いようがありません。

当主の森さんも語られてますが、焼酎は庶民の酒です。
森伊蔵も庶民の焼酎なのです。
一杯2000円も出して飲む酒じゃありません。

私は、この味で一升2500円なら納得です。


森伊蔵を正規の値段で購入するならこちら。


ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/28424325
この記事へのトラックバック
グルメランキング激戦です! はじめにクリックお願い致します(^^♪ 本日ご紹介
幻の焼酎・人気の焼酎が100種類以上「酒楽天」(さけほがらてん)【京都食べあるき】at 2005年07月20日 00:28
森伊蔵は、その人気から「KING OF 焼酎」と言われているようです。 森伊蔵酒造は、鹿児島県垂水市にあるこじんまりした蔵です。 120年前から焼酎造りをしていたそうですが、味がひどくて最近まであまり売れ行きはよくなかったそうです。 5代目当主の森覚志さん...
森伊蔵【焼酎夢中】at 2007年02月28日 00:05