2005年12月09日

デュボネ

デュボネデュボネは、ワインにキナ(quina)と呼ばれる樹木の皮を加えて樽熟成させたアロマタイズド・ワインです。

アロマタイズド・ワインとは、スティルワインに薬草や香辛料、果汁などを加え、風味付けしたワインのこと。
イタリアのベルモットやスペインのサングリアが有名ですね。

デュボネは世界的に有名なアペリティフなのだそうで、フランスでは赤が主流ですが、アメリカでは白も人気だそうです。

個人的には最近お気に入りで、よく飲んでいます。

さて、デュボネに加えられるキナの樹皮ですが、これから取り出されるキニーネという物質があります。

「キニーネ」でピンと来た人は通ですね。
そう、昔のトニック・ウォーターなどに含まれるアレです。

実は、キニーネは元々マラリアの特効薬として南米の原住民が古くから使っていたと言われています。
18世紀以降、欧州諸国が植民地を求めて南下した際には、キナ皮の需要が高まったと聞きます。
イギリス人がインド経営に成功したのは、彼らが毎日ジントニックを飲んでいたからだという話さえあるんだそうです。

キニーネは、現在は劇薬に指定されているため、日本で飲料水として飲まれるトニック・ウォーターに含まれていないのだそうです。
それに代わってレモン・ライム・オレンジなどの柑橘類や、香草などが配合されています。
いわゆる、シトラス・フレーバーですね。

では、トニック・ウォーターがダメならデュボネはいいの?って話になるわけですが、使っているのがキニーネそのものじゃないですし、おそらく香り付け程度の量しか使われていないということで、問題ないんでしょう。

この件について詳しい方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください。


何か話が大きく横道にそれた気がしますが、気にしないということで。


PHOTO : 府中市・CHOT BAR


この酒を購入する(楽天・河内屋)


  

ランキング参加中です!
役に立った、面白かった、勉強になったと思ったら応援クリックをお願いします。
モチベーションがアップし、記事が増えます。
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング
Posted by suikyomushi at 18:27Comments(4)TrackBack(0)