2005年03月11日

アンカー・リバティエール Anchor Liberty Ale

アンカー・リバティエール世界中のビール評論家が「捜してでも飲む価値あり」と評する逸品、アンカー・リバティエールです。

アンカー・スペシャルエールの項でもご説明しましたが、アンカー社はサンフランシスコにある小さなビール醸造所。
大量生産ビールとは異なる、副原料を一切使わない麦芽のみによる真の手作りビールで有名です。

今回紹介するリバティエールは、アメリカの多くの地ビール業者が「教科書」としてお手本としているアメリカンタイプのペールエールで、アメリカの名品と賞されています。


飲んでみると、真っ先に来るのがマスカットのような香り。
とても爽やかな風味です。
ビールでマスカットのような香りを感じるのは、今まで飲んだことのあるビールの中ではこのビールだけでしょう。

その秘密は、ドライホッピングという手法にあります。
アメリカ産カスケードホップを熟成時に添加することにより、カスケードホップ特有のマスカットのような香りが感じられるビールが出来上がるのだとか。


リバティエールは、私が好きなビールとして五本の指に入るもの。
たまたま自宅近くのビール専門店に常備しているため、入手に困ることはありません。

ちょっと高いですけど、それだけの価値あるビールです。



この酒を購入する(楽天・ベルギービールJAPAN)






ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/16276928