2005年03月07日

ドクター・エム Dr.M

ドクター・エム銀座の名店「MORI BAR」の毛利隆雄氏オリジナル、ドクター・エムです。

レシピは以下の通り。

●イエーガー・マイスター 20ml
●チナール 10ml
●アメール・ピコン 10ml
●ウンダーベルグ 10ml
●ライム・ジュース 15ml

以上をシェイクしてグラスに注ぎます。


イエーガー・マイスターは、おだやかな甘さのリキュール。
アニスやミントなど56種のハーブやスパイスを調合してあります。
二日酔いに良いという人も多いようですが…。

チナールは、アーティーチョーク(洋アザミ)をベースに13種類のハーブの抽出液を加えたほろ苦い味わいのリキュール。
現代人のストレスを発散するリキュールとしてイタリアの若者で人気爆発中だそうで。
コーラで割るのが一般的でしょうか。

アメール・ピコンは、オレンジ果皮やりんどうの根が主な原料で、オレンジの香りとハーブのほろ苦さが特徴。

ウンダーベルグそしてウンダーベルグ

40種類以上のハーブやスパイスを高濃度のアルコールで抽出し、熟成させた薬草酒。
紙に包まれた20mlの小瓶に入って販売されています。
味は、苦味たっぷり、甘味皆無。
とてもそのままじゃ飲めません。
レモンとソーダで割って飲むのが普通ですが、それでもまだ苦い。

ラベルには「楽しい食事の後に〜さわやかで爽快な気分になります。」とありますけど。
(それは無理がありそうな気が)


このカクテルは、毛利氏があるお客様のリクエストで1990年に創作したもので、四種類の薬草系のリキュールを使い「疲労回復のカクテルを」がテーマだったそうです。

効果のほどはわかりませんけど、レシピからは想像できない味。
美味しいです。


PHOTO : 聖蹟桜ヶ丘・BAR unknown




ウンダーベルクを購入する(楽天・河内屋)




ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/15823372
この記事へのコメント
「疲労回復のカクテル」、いいですね。
興味があります。
銀座のバーなんて、行ったことないなぁ・・・

そして、イエーガーマイスターって、初めて聞いたのですが、何となく美味しそうな予感・・・
ミルク割とかにも合う感じなんでしょうか。
Posted by ぶんこ at 2005年03月08日 18:35
イエーガー・マイスターのミルク割りはやったことないですね。
トニック割りが一番無難な気がしています。

私は「MORI BAR」は行ったことがないですけど、銀座のバーも好きですよ。
一流の仕事ぶりを拝見するもの一つの楽しみです。
Posted by YUJI at 2005年03月09日 00:05
ウンダーベルグとウニクムの小瓶を、父親にプレゼントしたことがあります。
やっぱり、そのままじゃ飲めませんやね。
レモンとソーダ割りか…にゃるほど。
Posted by よ。 at 2005年03月09日 17:49
ウンダーベルグは特に苦いので、まず割らないと無理。
薬草系のリキュールは、レモンやライムを使ってソーダかトニックウオーターで割るのが一般的ですね。
Posted by YUJI at 2005年03月09日 18:30