2005年03月01日

アレキサンダー・ゴードン ドライ・フィノ Alexander Gordon Dry Fino

今日はシェリーの話。

花に「花言葉」があるように、お酒にもそういう言葉があります。
例えば、シェリー。
女性が「シェリーを飲みたい」と言ったときは、「今夜一緒に寝てもいい」と言う意味だそうです。


……今でも使っている人、いるんですかね?


もし、女性でシェリー好きの方がいらっしゃったら、注意してくださいね。
変に酒にウンチクのある人と一緒に飲んでそんなことを言ったら勘違いされるかもしれませんから。


まあ、そういう話は置いといても、シェリーは大変美味しいお酒です。

シェリーはスペインで造られるワインの一種。
フォーティファイド・ワインという分類になります。
日本語で言うと「酒精強化ワイン」とか「アルコール強化ワイン」と言われます。

シェリーは、酒類の中で最も古くから国際的に原産地呼称が見とめられたものの一つです。
「原産地呼称」につきましては、前に「壱岐焼酎」の時に書いたとおりです。

スペインのヘレス地区で収穫されたパロミノ、ぺドロ・ヒメネス、マスカットの3種類のみのぶどうから醸造されること、ブランデーを添加された強化ワインで、最低アルコール度数は15%であること、最低3年以上ヘレス地区の特定のボデガ(シェリーの熟成が行われる貯蔵庫)で熟成されていること。
これらを全て満たすことでシェリーを名乗ることが出来るのです。


シェリーの製法は、ワインと比べますとかなり違います。
一般的にワインは酸化を嫌いますが、シェリーは樽の中で数年も熟成させ、「酸化」された風味を作り出すという特徴があります。


アレキサンダー・ゴードンシェリーの代表的な銘柄と言えば「ティオ・ペペ」ですが、今日紹介するのは、もっと美味しいお薦めのものです。

「アレキサンダー・ゴードン」は、他のシェリー酒とは一線を画した高品質のシェリーに定評があります。

今日はドライ・フィノをいただきました。

淡い金色で、味は辛口ですがしっかりしていて、とてもいい香り。
これなら何杯でも飲めそう。

ちなみに、ワインを酸化させて作ったお酒なので、胃にとてもやさしいという特徴もあります。
飲みすぎていても、シェリーなら飲めます。


そこまでして飲まなくても、というご忠告はごもっとも。


PHOTO : アレキサンダー・ゴードン ドライ・フィノ IN 府中市・BAR American


ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/15353414
この記事へのトラックバック
府中へ戻り、いつものAmerican@府中へ。スタッフのKさんが試飲会で気に入っ
シェリーとハモンセラーノ【take-mぶろぐ。】at 2005年03月09日 00:35
この記事へのコメント
田舎ではあまりシェリーはありません・・・あってもティオぺぺぐらいです。最近機会があって女性とアモンティリャード飲みましたが、一緒に飲んだ意味勘違いしないようにしないといけませんね。
Posted by yebis at 2005年03月01日 21:46
あくまでも女性が意図的に「シェリーが飲みたい」と言った場合じゃないと、そういう意味にはならないでしょうし。
花言葉もそうですが、ホント注意しないといけません。
Posted by YUJI at 2005年03月01日 23:14
YUJI様こんにちは

シェリーにはそんな意味があったのですね
知らないでもしオーダーしてそのまま帰ろうとした場合、
「キミ今日はシェリーを飲んだじゃないか!?」等とうっかり突っ込まれたら困りますね。

こういうお酒言葉?もっとお聞きしたいです!

因みにYUJI様は使った事があるのでしょうか?
気になります(笑)
Posted by マチルダ at 2005年03月02日 13:54
他の酒言葉としては、まずポートワインですね。
男性がすすめるポートワインを女性が飲まなかったら、他に好きな人がいるということ。
もし、飲んだら「あなたにすべてを」という意味だそうです。

こういう酒言葉は、お互いがちゃんと意味を理解していないと、使ってもあまり楽しくないですね。

私がお酒をすすめる場合は、美味しいこととその人の口に合うかどうかが基準なので、ほとんど酒言葉は使ったことがないです。
ウンチクを話したことがある程度ですね。

「酒言葉」のネタは、まだあります。
今後追々紹介していきますね。
Posted by YUJI at 2005年03月02日 14:38