2005年02月15日

ホッピー

ホッピー今日はちょっと変わった話題で。

「ホッピー」という飲み物を知っていますか?
年配の方でお酒を飲まれる方は、よくご存知でしょう。

「ホッピー」は、麦酒様清涼飲料水と言いまして、いわゆるビールテーストの清涼飲料水です。
アルコール度数は0.8%で、法律上お酒ではありません。


ホッピーは、1948年に「本物のホップを使った本物のノンビア」という触れ込みで開発され、昔ビールが高嶺の花だったころ、ホッピーはビールの代用品として人々に受け入れられ爆発的に売れたんだそうです。
「焼酎割り飲料・ホッピー」としての飲み方も、この当時に生まれたようです。

「焼酎70ml+ホッピー適量」というレシピがスタンダード。
焼酎を少なめにすることで、ライトな感じにもなります。


このホッピーの売りの一つは、プリン体がゼロであること。
ビールにプリン体が入っていることは知られていますが、このプリン体、たくさん取りすぎてしまうと尿酸値が上がり、痛風になってしまいます。
プリン体はうまみ成分であるため、たくさんの美味しい食材に含まれていますね。

ですから、健康診断で尿酸値が高いと言われたビール好きの方にはおすすめですね。

さらにホッピーは、ローカロリー、低糖度と、最近の健康ブームにはうってつけです。
実は、私も時々飲んでいます。


ホッピーを購入する(楽天・会津うまい物発見店)




ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/14342954
この記事へのコメント
ホッピーって関東では結構知られてるかもしれませんが関西以西ではあまりなじみが無いと思います、が最近スーパーでも見始めまして私もたまに楽しんでます。割り方で個人の好みにできるのでがいいですね。
ところで私の近辺で購入できないお酒を探しています、ネットにうとくて検索の仕方とかが悪いかもしれません。もし購入可能な方法があったら教えてほしいのですが・・・それはカナディアン・ウォッカのサイレントサムです・・・田舎では現物もないしネットでも探しきれないへたれです。もしご存じでしたら教えて下さい。
Posted by yebis at 2005年02月15日 22:24
ホッピーはもともと東京の調布で造られていたようで、当時は関東だけだったのかもしれませんね。

サイレント・サムは、日本では終売になっているようですね。
カナダで今生産しているかどうかは不明です。
Posted by YUJI at 2005年02月15日 23:30