2005年02月01日

日本のバーは素晴らしい

世界各国のバーは、日本のバーと比べていろいろな点で違うようです。
私自身は海外でバーに入ったことは数回しかありませんが、知人からいろいろ経験した話を聞く機会も多いので、今日はそのあたりを書いてみようと思います。


あるバーマンがアメリカに行ったときのお話。

あるバーで飲んでいると、タンカレーの見かけたことのないボトルを見つけました。
バーマンに聞いてみると、「タンカレーTEN」というジンだとのこと。
当時、「タンカレーTEN」は日本で発売されていなかったようです。

バーマン曰く、

「本当にうまいジンだ。マティーニにして飲むと最高だよ」

というので、マティーニを注文することに。

そしたら、タンカレーTENとベルモットを

大き目のシェイカーにドボドボ

入れはじめ、入れ終わるとそのシェイカーを冷蔵庫にポン。

しばらくして冷えたところで、なんと

ストローでかきまぜ

グラスに注いで「はいどうぞ」。

彼は、アメリカでは二度とカクテルは注文しないことを心に誓ったのでした。


アメリカに限らず、海外のバーマンのカクテルの作り方はかなり大雑把です。
日本のバーマンのように、メジャーカップで正確に量を計ってカクテルを作っているような国はほとんどないそうです。

そういう意味では、日本のバーマンの技術は世界有数であることは間違いないでしょう。


また、スコッチウイスキーの本場、イギリスのバーに行ってみるとわかりますが、普通のバーですとスコッチウイスキーが10種類から20種類くらいしか置いていません。
日本のバーですと、ちょっとしたバーでも50種類から100種類くらいは置いているところも珍しくないですから、日本でウイスキーをお飲みになっている方にとっては意外に思われることでしょう。


日本のバー、そしてバーマンがこれだけ素晴らしいのは、お国柄なんでしょうか。
でも、そういうバーマンがいるバーで美味しいお酒が飲めるということは、日本人は幸せなんだなと思ったりします。


ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/13445761
この記事へのトラックバック
小さい頃から、カクテルの本を見るのが好きで好きで。 生来の食器好きとしては、いろ
カクテールガイド【ぷらり途中下車の日々】at 2005年02月04日 03:26