2005年01月30日

カクテルグラス

カクテルグラスカクテルグラスは、なぜ逆三角形で脚が長いのでしょうか?

スタイルがいいのもそうですが、実はそれ以上にはっきりとした理由があります。


まず、逆三角形であれば、量が少ないお酒でもグラスをそれほど傾けないで飲むことが可能なのです。
そう言えば、日本酒の盃(さかずき)も同じような形をしていますね。


さらに、あの脚の長さは、直接グラスに触れないで飲めるようにという配慮なのです。
直接グラスに触ってしまうと、カクテルに体温が伝わってしまい、味が変化してしまいます。


ショートのカクテルは、出来たての状態が一番美味しい。
シェイクした直後は、大変冷えた状態にあります。
ですから、温まらないうちに早く飲みきってしまうのが理想です。

ショート用のカクテルグラスの容量は、標準で75ml。
それを60mlのカクテルで満たすと最も美しく見えるのだそうです。

一見スタイルだけを追い求めた形に見えますが、実はとても合理的に出来ていたのですね。
これこそ機能美と言えるのでしょう。


PHOTO : JACK ROSE IN 聖蹟桜ヶ丘・BAR unknown


ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/13332069