2005年01月28日

普通の焼酎って何だろう

みなさんがよく飲まれる焼酎は何でしょうか?

芋焼酎、麦焼酎、米焼酎などの本格焼酎。
ジンロ、鏡月などの韓国焼酎。
サワーやウーロンハイなど、焼酎をジュースなどで割ったもの。
焼酎っていろいろありますよね。


最近、私のところに同じような質問が何度もくるようになりました。

「芋焼酎と普通の焼酎って何が違うの?」

「普通の焼酎」というのが何を指しているのか、人によって違うでしょうね。


先日、有名デパートの酒売り場でこんな会話を聞きました。


客「焼酎さがしているんだけど、どれがいいのかしら」

店員「どのような焼酎をお探しですか?芋ですか?麦ですか?」

客「いや、普通の焼酎よ。お父さんの誕生日プレゼントにね」


推測するに、お客さんにとっては普通の焼酎がおそらく本格焼酎だったのではないかと思うのです。
でも、いつもお父さんが飲んでいるから、それが「普通の焼酎」なのではないかと。

でも、これでは店員さんも困ってしまうでしょうね。


では、簡単に焼酎の種類について説明しましょう。

日本には、酒類としての焼酎が二種類あります。
「甲類焼酎」と「乙類焼酎」です。

「甲類焼酎」は、ジンロなどの韓国焼酎や、大きなペットボトルで売られている焼酎などがそうです。
無色透明でアルコール臭が少なく、クセもなくさわやかな味です。
別名「ホワイトリカー」と言います。

「乙類焼酎」は、芋焼酎、麦焼酎など、原料の風味を生かした味が特長です。
乙類焼酎は、別名「本格焼酎」と言います。


この二種類の焼酎、作り方に決定的な違いがあります。

まず発酵の違い。
甲類は、原料の糖をそのまま発酵させてアルコールにする「単発酵」でありますが、乙類は、デンプンを糖にしてさらに糖をアルコールにするという、一つのタンクで二つの作用を同時に行う「並行複発酵」という方法をとります。
なお、「並行複発酵」を行っているのは日本の焼酎だけで、同じ蒸留酒でも、ジン、ラム、ウオツカなどは単発酵です。

次に蒸留方法の違い。
甲類は連続式蒸留器を使い、乙類は単式蒸留器を使うという違いがあります。
連続蒸留を行うと純度の高いアルコールが生まれます。
そのため、甲類焼酎は雑味が少なくクセのない酒となるのです。

逆に、乙類は原料の風味を残そうとするため、単式蒸留器を使うというわけです。


クセのない甲類焼酎は、ジュースなどの風味を壊さないため、サワーや酎ハイなどの飲み物に適しています。
逆に乙類は、原料の風味を楽しむため、水割り、お湯割り、ロック、ストレートなどの飲み方が適しています。


※補足
甲類乙類混和という焼酎もあります。
これは、甲類焼酎に乙類焼酎を混和したもので、 混和比率が甲類焼酎50%以上のものをいいます。
しそ焼酎で有名な「鍛高譚(たんたかたん)」もこちらに属します。


あなたにとっての「普通の焼酎」とは、何でしょうか?


ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/13204945
この記事へのコメント
こんばんわ
甲と乙の違い気になってはいたんですが、
自ら調べようとせずに放置…
今日偶然にも飲み会で家で何を飲むか聞かれ、
焼酎と答えたら、甲か乙かと聞かれ、
わからないからとにかく「麦です」と答えたの

わからず「麦です」って返事した私は、
「フツーの焼酎」を連呼していたお客さんと
かわらないですね…。

けど、YUJIさんの説明で理解できました!
Posted by みふブー at 2005年01月29日 00:28
お役に立てて何よりです。

「麦焼酎」をはっきり言われたのならば、それで何ら問題ないと思いますよ。
普通、甲か乙かという聞かれ方はしないものですけどね。

この知識、焼酎をよく知る上で結構大事な知識のような気がしています。
Posted by YUJI at 2005年01月29日 22:56
私は、会社に入って、酒類メーカーのマーケティングなどに携わったので、そのときに初めて「甲類」と「乙類」の意味を知りましたが、そんなことでもなかったら知らなかったかも。

でも、こんなに詳しくは知りませんでした。
私はもっぱら「乙類の芋焼酎」派です。

Posted by ぶんこ at 2005年01月31日 00:52
甲類、乙類の違いは、連続蒸留なのか単式蒸留なのかを知るだけでも焼酎への理解が深まると思います。

出来れば、お酒に詳しくない方でも「普通の焼酎」と呼ぶ方が少なくなってくれればいいなと思います。

私は、焼酎についてはオールラウンダーです。
Posted by YUJI at 2005年01月31日 01:03
私は福岡出身であり、子供の頃親父や祖父が飲んでいた焼酎は、米でした。あまり上等な酒の印象がなく、ただ酔っ払いの飲むものとの認識がありました。ですから、大学に入学するまで、焼酎は米と思っていました。そのため、芋の洗礼は強烈でした。「普通の焼酎」・・・・・一世を風靡した「いいちこ」のことではないでしょうか?以前は一家に1本・・・・なかったですか?
Posted by I LOVE GILLIAN at 2005年05月16日 16:51
私も昔は、焼酎は安酒という印象を持っていました。
それが、いろいろな焼酎に出会うことで全く違うことがわかりました。

麦焼酎としての「いいちこ」は、シェアがすごいらしいですね。
もしかしたら、普通の焼酎の認識をしている方が多いのかもしれませんね。
Posted by YUJI at 2005年05月16日 20:35
このたび料理と焼酎のホームページ
造りました。

http://yukai365.web.fc2.com

ご覧ください
失礼します。
Posted by ふみお at 2010年04月12日 04:11