2004年12月23日

ジン・トニック再び Gin and Tonic

月華のジントニック先日、とあるホテルのバーにお邪魔した時のお話です。

友人と一緒に入ったそのバーは、それなりに有名なバーでした。
私はいつものようにジン・トニックを注文。

しばらくして出てきた飲み物に驚いて、固まってしまいました。

コリンズグラスにライムと氷が入っていました。
その横に、ウエイトレスさんがトニック・ウォーターの瓶を置いたのです。

私もバーに通い始めて長いですが、このようなジン・トニックを見たことがありませんでした。

前にジン・トニックの項で書きました。
「ライムを飾るジン・トニックは好きではない」と。

ところが、材料を混ぜることすらしないジン・トニックは、私の主観で申し上げれば、「有り得ない」。
バーテンダーさんがカクテルを美味しく作ることを放棄している気がしてならないのです。

ライムを飾ることも、トニック・ウォーターを瓶で持って来ることも、お好みで調整してください、との配慮のつもりなのでしょうが、カクテルを素人が作って美味しいものならば、バーテンダーは必要ありません。

上の写真は、汐留の「BAR 月華」で作っていただいたジン・トニックです。
大変美味しいジン・トニックでした。
藤井さんは、「ライムの苦味を出さないように気を遣う」とおっしゃっていました。


そんなに簡単なカクテルではないはずなんです、ジン・トニックは。


ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/11496187