2004年12月18日

Mackillop's Choice BORMORE 1989

J's Bar某日、池袋の『J's Bar』にお邪魔しました。
まだまだスコッチウイスキーの初心者である私が、2年近くの間通い詰めたバーです。
品揃えはスコッチウイスキー中心で、珍しいものもかなり置いてあります。
オーナー・バーテンダーである蓮村さんは、池袋の名物バーテンダーです。


私は、元々軽いタイプや甘味が感じられるタイプのシングルモルトが好みです。
自宅にもモルトを置いていますが、GLENTURRET、CLYNELISHという感じですから、私の好みが想像できる方もいらっしゃるでしょう。


Mackillop's BORMORE 1989蓮村さんから薦められて飲んだ、「Mackillop's Choice BORMORE 1989」というモルト。
BORMORE(ボウモア)は、アイラモルトの代表的な銘柄です。
アイラモルトは、スモーキーな香りとか潮の香りとかヨード香とかいろいろ言われますが、このボウモアは当たりが柔らかく、とても美味しいモルトです。

しかも驚いたのは、空になったグラスをかいでみると、はっきりとバニラの香りがします。

あの強烈な個性を持つアイラモルトの中に、バニラ香がするものがあるなんて夢にも思いませんでした。




J's Bar には、蓮村さんがずっとライフワークとしてつけているテイスティングノートがあります。
それを読みながらチビチビとモルトを飲むのは結構楽しい。
テイスティングノートを見て、次はどれを飲んでみようか、と考えるひと時もまた楽しいものです。

会社をやめてからはお邪魔する機会が少なくなっていますが、このブログを書き始めたことをきっかけに、もう少し池袋にも足を延ばそうと思っています。


ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/11024080
この記事へのコメント
先日はどうもありがとうございました。
久しぶりにお顔を拝見して安心しました。
会社を辞めた前後の時期に比べるといい顔してましたよ。楽しい事を見つけ、それを続けられる事で自分は楽しくなれる。良い意味で腹を括った感ありと、お見受けしました。

ちなみにこのボウモアの僕のテスティングノートは以下の通り。

どこか爽やかな香り。基本的には意外なほど香りは少ないが、時間が経つとバニラの香り。ボウモアである事を思えばかつてないほどにユニーク。
口の中で広がる独特の苦味と程度の良い粘度を持った液体が味に奥行きを感じさせる。しっとりしている。ヨードとピートのあり方のバランスがスモークチーズのよう。
少しづつ甘味と塩味を増して行く。

ジェイズバー・モルト・ファイル、日々更新しております。
たまには目を通しに来て下さい。
先日もお話した通りぼちぼちウェブで公開予定です。
お知恵を拝借したいと思っております。相談にのってください。お願いします。

ではまた


Posted by 蓮村@池袋名物 at 2004年12月20日 07:14
コメントをいただきましてありがとうございます。
先日はお世話になりました。

あの日、飲んでいて楽しかったのがおそらく顔に出ていたと思いますが、久しぶりに池袋を一人で飲み歩いて、とても濃い時間を過ごせたと思っています。

スコッチウイスキーを本格的に飲むようになってまだ4、5年、それなりに数は飲んでますが、まだまだ初心者の域を脱しません。
これからもいろいろ教えてください。

ウェブのことでお役に立てることがありましたら、是非ご相談ください。
Posted by YUJI at 2004年12月20日 11:56