2004年12月10日

ライオンスタウト Lion Stout

Lion Stout今年、焼酎の次によく飲んだ酒はビールでした。
今までは、ビールや焼酎よりもウイスキーなどが多かったのですが、昨年あたりから好みが変わってきたのでしょうか。

中でも、『スタウト』というビールとの出会いは、私のビールに対するイメージを変えてくれました。


『スタウト』ビールとは、イギリスの濃色系の上面発酵ビールです。
アルコール度数が高いので、「強い」という意味の「stout」という言葉が使われているらしいです。
調子に乗って飲んでいると、結構酔っ払います。
『ライオン スタウト』もアルコール度数が7.5%あります。

さて、この『ライオン スタウト』、驚く無かれ、原産国はスリランカ。
しかも、1988年にはベルギーのビールコンクールで金賞を受賞している伝統あるビールなのです。

また、世界的に有名なビール評論家のマイケル・ジャクソン氏は、「柔らかくて重厚なまるでチョコレートリキュールのような黒ビール」と絶賛しています。


黒ビールって、どうして黒くなるかご存知ですか?
ビールの色は、麦芽の色によって決まります。
黒ビールでは、黒い麦芽を使います。
日本の普通のビールで使用されている麦芽は、淡い色をしていますが、これをローストすることで黒い麦芽となります。
これが、黒い色だけでなく、黒ビール独特の香ばしい香りとなるわけです。


ビールが好きな方は結構多いと思いますが、たまには変わったビールにも挑戦してみてはいかがでしょうか。
今後、いろいろなビールを紹介していきますので、お楽しみに。


この酒を購入する(楽天・酒のやまいち)


ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/10602788