2004年12月08日

大信州

大信州仕込み51号純米大吟醸東京都府中市に「和食 たか田」というお店があります。
もう3年以上通っていて、かなりお世話になっている和食屋さんです。

「たか田」は、料理の素晴らしさもいいのですが、美味しい日本酒の品揃えも自慢です。
中でも『大信州』は、私が近年飲んできた日本酒の中でも、最も印象に残る銘柄の一つです。

先月飲ませていただいた「仕込み51号」は、まさに芳醇という言葉がぴったりの、もっとわかりやすく言うと、香り高く旨みが濃くてメチャクチャ美味しい酒でした。
「たか田」に行くと、いつも日本酒の奥の深さを感じて帰ってくるのですが、毎回毎回違う酒を注文しなければならないほど、大信州のラインナップを豊富に取り揃えています。

もともと「たか田」と「大信州」との出会いは、たまたま東京に来ていた長野のお客さんが言った、「大信州という美味い酒が長野にある」という一言だけで、たか田のご主人が大信州酒造に電話したのが始まりだそうです。
その時は、「直販はやってない」ということで電話は終わったのですが、そのすぐ後に大信州の方がたか田さんを訪れたとのこと。
長野の酒造会社の人が、東京の一軒の和食屋さんに、ですよ。
ちょっとびっくりするような話だと思いませんか?

その後、大信州の特約店である酒屋さんとたか田さんが取引をすることで、大信州がたか田でも飲めるようになったのだそうです。
その酒屋さんもちょっと変わった酒屋さんなのですが、それはまた日を改めてご紹介します。

ここで、「たか田」と「大信州」が出会ってしまったわけですね。
そして、出会うことが出来たのは、たか田のご主人の行動力と、大信州酒造の方の行動力なのです。
「ダメもとでもいいから行動してみる」ということが、いかに大事かを教わるようなお話です。


大信州のホームページに行きますと、面白いことが書いてあります。

『酒を醸すこと、それは自然との融合です。決して逆らわず、静かに調和を取ること、それだけが全てです。』

『私たちの酒造りの源泉は"遊び<興味>と工夫<革新>”』

『造りを楽しむために"遊び"、お客様に美味しい体験をしていただくために"工夫"する』

特に下の方二つのポリシーは、あまり酒蔵では語られるものではない気がします。
『遊び』と『工夫』。
だから、大信州は飲むたびにいつも新鮮な感動があるのか、と思いますね。

「大信州」の美味しさ、素晴らしさは、拙い私の文章力ではとても伝えられるものではありません。
今、書いていてそれを実感しています。
そして、今年飲んだ日本酒の中で一番旨いと思った銘柄は、『大信州 特詰(番外品)』でありました。

大信州さんには、これからも私たちを楽しませるような、美味しい体験を提供していただきたいと節に願っております。


PHOTO : 大信州・仕込み51号 純米大吟醸 (日本酒 長野・大信州酒造) IN 府中市・和食たか田

今の大信州のおすすめ 純米吟醸 超辛口を購入する(楽天・酒の名槌屋)


ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/10601940