2004年12月05日

水鏡無私

水鏡無私早速、タイトルの『酔狂夢私』についてのお問い合わせをいただきました。

『酔狂夢私(すいきょうむし)』という言葉は、私の造語です。

私の好きな焼酎に『水鏡無私』という球磨焼酎がありまして、こちらも『すいきょうむし』と読みます。
「水鏡の能く物を窮めて怨無き所以は其の私無きを以てなり」という三国志の一文節より名付けたという米焼酎です。

この『無私』とは、私心、私欲のないことを言います。
『酔狂』とは、酒に酔って常軌を逸すること。

ということで、『酔狂夢私(すいきょうむし)』の意味は、「酒に酔って常軌を逸し、夢という私欲をむさぼること」という意味になるのでしょうか。


また、近い言葉で、【酔生夢死(すいせいむし)】という言葉があります。
意味としては、「後世に名を残そうと思い努力を試みた人が、結果的に社会に何ら貢献を出来ず、無目的な一生を終えること」ということです。


いずれにせよ、自虐的な意味のタイトルです。

でも、このブログの内容は、きっとそんな感じにはなりません。
それは今後のお楽しみということで…


なお、「水鏡無私」という酒はその名の通り、なめらかで透明感のある味わいが特徴的な、米焼酎の傑作です。
機会があったらお試しあれ。
おすすめです。

《写真》水鏡無私(米焼酎 熊本・松の泉酒造)

この酒を購入する(楽天・うらかわ酒店)

ランキング参加中!
にほんブログ村 酒ブログ

もっとお酒のブログが読みたい方はこちらもどうぞ!
人気ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

この記事へのリンクの無いトラックバック、宣伝だけとか内容が無関係な記事からのトラックバックは削除することがありますのでご了承ください。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/suikyomushi/10600694
この記事へのコメント
球磨焼酎は、米の旨さ、水の清冽さ、そうした要素が重なりあって出来たものだと思います。「水鏡無私」は、素晴らしいですが、残念なことに当地ではプレ値の焼酎になっています。話は変わりますが、球磨焼酎で梅酒を作ると、最高です。
Posted by I LOVE GILLIAN at 2005年05月16日 16:35
「水鏡無私」はプレミア価格になっているんですか。
東京の自宅の近所は普通の価格で買えますので助かってます。
球磨焼酎の梅酒も試してみたいですね。
Posted by YUJI at 2005年05月16日 21:51